サービス:

データ化、復元、保存

オーディオダビング、ローカリゼーション

色彩補正、ポスト、DCP

サウンドポスト制作

オーディオブック制作

編集室レンタル

お問合せ:

245 W 55th St,

New York, N.Y. 10019


212.757.4580

最新情報:

DuArtが、4K/2Kの映像スキャン、復元サービスを開始しました!

もっと読む

DuArtは2019年のキッズスクリーンに参加します!

もっと読む

DuArtのクライアントがDOC NYC映画祭で上映をします!

もっと読む

DuArt Media Services Copyright © 2019

DUARATの歴史

1922年、Midtownにある車のガレージ内で、映画の加工やポスト制作施設を創設。

「ダーティ・ダンシング」、「サイダーハウス・ルール」、「フォレスト・ガンプ」等、数々の映

画制作技法の先駆けとして、多くの映画加工に従事。

 

1927年、創業者AI Youngは、初期の35ミリ連続加工機を組み立て、1950年、DuArtはカラーネガの

イーストマン映画を初めて加工した。その後1966年、DuArtはCBS社と共同で、ビデオプレーヤー

ベースのEVR特撮フィルムを開発。

 

 

Irwin Young receiving the Academy Award for Technical Achievement (Oscar), 2000.

1979年、DuArtはFCC(Frame Count Cueing)システムの構築において、アカデミー賞科学技術賞を受賞

した。

 

1980年代、DuArtはスーパー16mmの引き延ばし技術において業界の先駆者となり、個人映像作家に

余興市場へ低予算で参入できるチャンスを後押しした。

2000年には、オーナーであり社長のIrwin Youngが、映画産業への貢献を称え、映画芸術科学アカデ

ミーより、ゴードン・E・ソーヤー賞を受賞した。

1988年、Linda Youngが社長及びCEOに就任。

彼女のリーダーシップにより、会社は成長しデジタル企業への進化を遂げた。そして、DuArt Media

Servicesに社名を変更。

直近10年は、DuArtは世界的にローカリゼーションサービスにおいて高く評価されており、クライア

ントリストには、The Pokemon Company Internationalや、その他有名アニメーション企業の名が連な

っている。

 

DuArt Media Servicesは映画ラボのトップであった前世紀から、今日のハイテク放送サー

ビス企業へと発展してきた。